紅花ユスラ梅
花がきれい

赤実ユスラ梅
学名Prunus tomentosa/ バラ科サクラ属/ 落葉低木類

ユスラウメは、春先に薄桃色の爽やかな花を枝いっぱいに付け、初夏には鮮やかな赤い実を鈴なりに付けます。実は、生食できる他果樹酒にもでき、下痢や食欲不振に良いと言われています。樹型はコンパクトで手間がかからず、1本でも実がなるので、生け垣等に使用するのにもピッタリの品種です。

白実ユスラ梅

大実やまもも秀峰
異種混色をお勧めします

やまもも瑞光
異種混色をお勧めします
学名Myrica rubra/ヤマモモ科ヤマモモ属/ 常緑高木類

光沢のある美しい葉と赤く可愛らしい実のコントラストが美しいヤマモモ。夏に枝一杯に付く甘い実は、生食はもちろん、果実酒やジャムとして広く愛されています。また、夏ばて予防や下痢止めに効く果物として、古くから民間療法で使用されています。
「瑞光」は、毎年実を付ける、豊産性の品種です。実をたくさん付けるには、他の品種を一緒に植えると良いでしょう。

やまもも森口
異種混色をお勧めします

大実あけび
三つ葉、五つ葉

大実ムベ 長命樹
常緑あけび
学名Stauntonia/アケビ科ムベ属/ ツル性常緑木類

大実ムベは、アケビの仲間で、特大の実を付けます。ツル性植物なので吊り棚やアーチに沿わせて育てますが、ムベは常緑なので、冬でも美しいお庭を演出してくれます。
1本で実を付け、半日陰でも良く育つので、手軽にバナナに似た懐かしい味の高級フルーツを味わうことができます。

チャイナチェリー (庭梅)
(中生)

大実カリン

西洋カリン マルメロ
学名Chaenomeles sinensis/ バラ科カリン属/ 落葉高木類

マルメロは、春には桃色の美しい花を咲かせ、秋には濃黄色の実を付け、それに続いて美しく葉が紅葉する、年間を通して楽しめる耐寒性の落葉樹です。実は生では食べられませんが強い芳香があり、ジャムを作ったり砂糖と焼酎に漬けたりして楽しみます。
実はカロチンやビタミンCを豊富に含み、せきや吐き気に効くと言われます。

大実びっくりぐみ

大実ザクロ ワンダフル

菓子くるみ しなの
学名Juglans/ クルミ科クルミ属/ 落葉中高木類

乾燥させた実はお菓子やおつまみとして定番のクルミですが、実は養分を豊富に含む健康食品でもあります。1本でも実はなりますが、他の品種を植えたほうが実はつきやすくなります。
「菓子クルミ」は実付きがよい品種で、一般的なおつまみ等も多くはこの品種です。

大実ギンナン
藤久郎、久寿、金兵衛

大実ナツメ

フェイジョア
学名Feijoa sellowiana/ フトモモ科フェイジョア属/ 常緑低中木類

南米原産の、耐寒性、耐暑性に優れたトロピカルフルーツです。初夏に咲く花も南国ムード溢れる独特の花型で、続いて成る実は、完熟させるとパイナップルのような爽やかな芳香と味を醸し出します。
実は、冬に落ちるので、それを更に完熟させます。
実を多く付けるには、異なる品種を一緒に植えると良いでしょう。

ポポー
健康果樹、実生苗
学名Asimina triloba/バンレイシ科ポポー属/ 落葉高木類

ポポーは、耐寒性にも優れたトロピカルフルーツで、バナナに似た甘みを持つ実は、生で食べると絶妙の美味しさです。
日持ちしないため、ジュースやゼリー等として流通していますが、生の美味しさを味わえるのは栽培している方だけであるため、「幻の果物」とも言われる、知る人ぞ知る人気フルーツです。

朝倉サンショ
トゲなし
学名Zanthoixylum pipertium/ ミカン科サンショウ属/ 落葉中木類

「小粒でピリリと辛い」と言われる山椒の中でも、この朝倉山椒は実取り用の品種として有名で、香り高い実がたっぷりとれます。
また、葉も、古くから薬味、薬用に広く使われています。
日本の気候に適していて手間をかけなくても良く育ち、葉や実は料理用として、1本は欲しい庭木です。

とげなしタラの木
※多少トゲがあります

▲ページトップへ